るろうに剣心作者、和月宏伸氏が逮捕!?しまぶーに続く人気ジャンプ作家の悲劇




先日、大人気作品のるろうに剣心の作者の和月氏が児童ポルノ作品を所有していた件で書類送検されるという事件が起きました。ネットではあまりに有名になっているニュースですね。

僕も、日本のアニメが好きなジャマイカ人からLINEが来て、こんなことあったの知ってるか?って聞かれて初めて知りました。彼もこの事件を知って非常に悲しんでいましたし、彼の友達(外国人です)も同様に傷付いていたようです。

この事件において和月氏は明らかに法律違反をしているので擁護のしようもなくアウトです。しかし、日本人と外国人の反応には温度差があるように見受けられます。日本人の中には、「犯罪だけど、まぁ、ねぇ…」っていう反応を示す層もあるんですけど、外国人のほとんどは「最低だ」とか「失望した」とかそういうコメントをしているように見受けられます。

日本だとそうではないようですが、外国では漫画やアニメなどの二次元の世界でも児童ポルノの規制対象となっている通り、ペドフィリアやロリコンというワードに対して強い嫌悪感があります。実はこの手の話題についてオーストラリアにいた頃話をした記憶があるのですが、やはり拒否反応MAXでした。

世界中から支持されているるろうに剣心という作品の作者が起こしたこの事件ですが、ちょっと視点を変えると日本と海外の考え方の違いが少しだけ分かるような、個人的には興味深い出来事でした。

しかしながら、僕もるろうに剣心は大好きな作品の一つなので、正直ショックを隠せないなぁというのが素直な心境です。




コメントを残す